【管理人おススメ】借入があるからって諦めてない?

無料・匿名で40社から借入可能か5秒で審査できます。信用情報を傷つけません。

>>くらべる君で簡易審査する<<

車金融で10万円UPするための3つの確認

1.洗車して、車内を整頓する    ⇒ + 1万円
2.オプションやアピールを整理する  ⇒ + 1万円
3.あなたの車の査定相場は知っている? ⇒ + 8万円!
肝心なのは3、相場を知ってから車金融に行くことです!
 30秒で相場を知る方法は?→こちら(かんたん車査定ガイド)

2014年11月24日

車金融に持ち込まれる車の車種

車金融にってどんな人が利用してるのか。
気になりませんか?

それを知るには、結局車金融に持ち込まれた車が、
最終的にどうなるか考えてみれば分かりますよ。

車金融に持ち込まれた車は、
持ち主が返済を滞らせた場合、
残念ながら金融業者に取り上げられてしまいます。

その後、金融業者は金融車として、
独自ルートで販売することになるのです。
>>金融車

いくつかの金融車専門業者のHPを見て下さい。
金融車販売・ローン中古車買取専門のレイサー
プリウスα S モデリスタエアロパーツ
メルセデスベンツ S500
BMW M6 HAMANN
アウディ S8 セラミックブレーキ

金融車専門サイト 質ナビ
メルセデス・ベンツ Mクラス
ポルシェ パナメーラ PDKスポーツクロノ
レクサスLS460
メルセデス・ベンツ C200

関西の金融車ディーラー
プリウス Sツーリングセレクション G’S
BMW550@ツーリング Mスポーツ
M ・ ベンツ GL550 4マチック
ベンツCLS ブラバスB11
など

どれも高級車が並びます。
中古ですが最低でも100万以上はします。

車種としては外車を中心に、
ベンツやレクサスが多いですね。

ワゴンRやデミオなど庶民的な車はありません。
お金持ちな人が意外にも車金融に手を出すのです。

お金持ちと言っても、苦し紛れの車金融。
昔は羽振りがよかったけど、うまくいかなくなった経営者。
そんなイメージでしょうか。

車金融にお金を借りに来る人は、
当初はお金を返せると思っている人です。
お金を返せないと思ってる人は、
車を売ってしまいますからね。

返せると思っていても、やっぱり返せなかった。
そうなってしまうこともあるでしょう。
その時のリスクヘッジとして、
できるだけたくさんお金は借りておきたいですね。

そのためには、自分の車がどれだけの価値なのか、
それを知っておく事が重要です。
↓↓その他にも、損しないためにいろいろまとめてます
>>カテゴリ 車金融で損しないために


★★ページ別アクセス数ランキング★★
★第1位★
>>車金融で確実に10万円多くお金を借りる方法
★第2位★
>>車担保にお金を借りるのと、車を売るのはどちらが得か。
posted by 管理人 at 12:06 | 知っておきたい車金融のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

悪徳 車金融に関するトラブルと安全情報

車金融に関するトラブルは多くはないですが、
需要は細々とですが確実にあるようで、
時々新聞や関係省庁から注意喚起が出ています。

悪徳な車金融もありますので、
できるだけ店舗型のお店で借りること、
返済の目処がない場合は極力利用を控えること。
注意して活用しましょう。

ここでは、車金融に関する注意喚起へのリンクを集めました。

1.石川県警察 ヤミ金業者の手口を 紹介します
『「車に乗ったまま融資」などと電柱にビラを貼付けているのが自動車金融です。実体は、・・・』

滞納 などをすると車をある日突然持って行かれるという事例があるようです。
車金融の金利は総じて非常に高利になっています。
気を付けましょう。


★★ページ別アクセス数ランキング★★
★第1位★
>>車金融で確実に10万円多くお金を借りる方法
★第2位★
>>車担保にお金を借りるのと、車を売るのはどちらが得か。
posted by 管理人 at 00:15 | 知っておきたい車金融のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

悪徳車金融業者の手口を紐解く

悪徳車金融業者の手口を紐解く

悪名高い車金融ですが、その手軽さから、
何も知らない人々はその罠に引っかかってしまい、
結果的には車を二束三文で手放す事になるそうです。


自分の身を守る為にも、悪徳業者の手口を調べてみました。


あなたが車を担保にお金を借りたいとします。
街中にある「車に乗ったまま即日融資!」
などと言った看板で興味を持ったのが事の発端です。


どうしても直ぐに纏まったお金として30万円必要なあなたは、
業者の門を叩いてしまう訳です。


まず、業者は「融資は受けるが車は乗り続ける」か、
「車を業者に預けてしまうか」を訪ねるでしょう。


当然車が生活必需品であるあなたは、
前者を選択しようとする訳ですが、ここで一つ目の手口。


業者は「乗って帰られる様なら20万円が精一杯ですが、
預けて下さるのであれば50万円融資致します」とあなたにささやく訳です。


電車やバスを乗り継げば、どうにか会社に通えないことも無い……
20万円では足りないあなたは車を預ける事を選択します。


肝心の利息は8%です。少し高いような気がすると業者に伝えると、
直ぐさま業者は「これは質屋と同じ利率ですから。
中には30%なんて所もありますので、良心的な方だと思います」と言う訳です。


これが二つ目の手口。あなたは渋々了承せざるを得ません。


そして、毎月毎月利息として4万円程の請求がある訳ですが、
お金の余裕のないあなたは当然、元本は疎か利息の支払いがやっとの事。


車を手放したくは無いため、利息だけでもと毎月お金をかき集めて支払い続けます。
減らない元本と苦しい生活……そこで業者はあなたにとどめを刺します。


「もう楽になってはどうですか?
今でも車無しで生活出来ているんですから。
もう車は手放してしまいませんか?」と。


車を手放せば、毎月利息ばかり払う苦しい生活は終わる…
あなたはとうとう、車を手放してしまうわけです。


通算してみると、あなたは一体幾らで車を手放してしまったのでしょうか。
最初に手に入れた50万円から、毎月払った4万円の利息を引く訳です。


結果として、二束三文で車を悪徳業者に売った訳です。
業者はあなたから奪った車を裏のルートで流し、売り払います。
あなたが毎月払い続けた利息は、ちょっとしたボーナスでしょうか。


このような手口で、悪徳業者はあなたから車を奪い、生活基盤をも奪い取ってしまいうのです。



★★ページ別アクセス数ランキング★★
★第1位★
>>車金融で確実に10万円多くお金を借りる方法
★第2位★
>>車担保にお金を借りるのと、車を売るのはどちらが得か。
posted by 管理人 at 10:00 | 知っておきたい車金融のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

担保になった車の行く末

担保になった車の行く末

あなたは車金融で担保になった車の行く末をご存知でしょうか?
勿論、利息も元本も含めてしっかり返済できれば、
手元に戻ることになるのですが、現実はそう甘くないようです。


むしろ、多くの場合は借金を返済しきれず、
泣く泣く車を手放してしまう事になるケースが多いのだとか。


そうして「質流れ」状態となった車はどうなるのでしょうか?


まず、車金融業者というのは大抵の場合、裏で中古車屋との繋がりがあります。
場合によっては、一見普通の中古車屋が裏では車金融を行っている、
という場合もあるようです。


では、何故中古車屋との繋がりが必要なのか?


答えは簡単で、車金融業者が売却する車というのは、
通常のルートでは売れない車だからです。


業者はローン中の車でもお構いなしに担保として融資し、
滞納すれば取り上げてしまいます。ローン中の車というのは、
所有者は信販会社などとなっていますが、この状態の車を買うと、
その車に関する権利を所有している信販会社などの承諾を得ることが出来ず、
名義変更が出来ないんですね。


名義変更出来ないとなると、様々なデメリットが付きまとうことになります。
例えば、任意保険に加入することが出来なくなりますし、
場合によっては車検も受けることが出来ません。
使用済みとなっても、解体や廃車は不可能です。


こういった事情から、金融ルートから流れた車は、
相場よりもかなり安い値段で売買されることになります。


勿論、大手の車屋ではこういった車は扱えませんので、
金融業者と繋がりのある中古車屋が引き取り、
これまた裏のルートに流す訳です。


巷には、こういった金融車を専門に扱う車屋というのも存在しますからね。
上記の様な裏のルートを幾つも通り、最終的には第三者に渡ることになります。



★★ページ別アクセス数ランキング★★
★第1位★
>>車金融で確実に10万円多くお金を借りる方法
★第2位★
>>車担保にお金を借りるのと、車を売るのはどちらが得か。
posted by 管理人 at 22:00 | 知っておきたい車金融のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車金融の仕組み

車金融の仕組み

少しつらい現実を見なければいけませんが、
賢く車金融業者を活用するために、勉強しましょう。


看板や広告と言った形で、しばしば目にすることもある車金融。
車を担保にお金を借りる、謂わば車版質屋といった風体ですが、
どのように成り立っているのでしょうか。


まず、基本的なシステムについては、冒頭にも述べているとおり質屋に似ています。
質屋は財布などを担保にお金を借りますが、車金融とはその名の通り、
車を担保に融資してもらうこと。


業者はあなたの車を査定し、その金額に応じてお金を貸してくれる訳ですが、
その割合は20〜30%というのが車金融業者の相場となっています。


つまり、100万円で売れる車だとしたら、
20万円〜30万円が実際に借りられる金額という訳です。


金利は大体7〜8%と言われています。質屋と大体同じ利率ですね。
しかしこれは、業者が貸金業としての届け出をちゃんと行っている場合で有り、
届け出を行っていない業者だと30%程度の法外な利率
になる事もあるので、
自己責任が大きく問われる世界になってきます。


違法ではあるのですが、こと車金融においては逃げ道が有り、
実際にそういう業者も存在するようですね。


そして、あなたは利息も払いながら借金の返済をしていく訳ですが、
車を担保にお金を借りるぐらいです。
大抵の場合は利息すら払いきれなくなるのだそう。


計算してみれば分かると思うのですが、利息が8%の場合でも20万円借り入れすれば、
元本の返済とは別に利息だけで1.5万円程度を払い続けなければなりません。
家計が火の車ならば、結構辛い数字です。


ついに延滞した時、車は「質流れ」のように差し押さえられてしまいます。
通常で有れば車は名義変更をしないと所持者は変わらないのですが、
この業界では関係ありません。


どの業者も提携している中古車屋等が存在し、
裏のルートを通して販売するようです。


もしあなたが車金融の利用を考えているなら、
必ず返せる範囲にするか、そもそも中古買取してもらうのが賢明です。



★★ページ別アクセス数ランキング★★
★第1位★
>>車金融で確実に10万円多くお金を借りる方法
★第2位★
>>車担保にお金を借りるのと、車を売るのはどちらが得か。
posted by 管理人 at 10:00 | 知っておきたい車金融のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする